PCM1804。できる子なんだから機能追加しなきゃ

20130812002900af2201308120033226fe

前に作ったADC、PCM1804。そうそう、あのユニバーサル基板で組んだやつ。
96KHzの録音専用として使っていましたが、やっぱりほかの周波数も使えないと不便。
で、機能の追加しようと思う。
さて、そのPCM1804だけど、クロックの部分頑張って作ったので、マスタークロックとして君臨することになってたのです。なにしろ家で唯一TCのconnect24と完全同期できるみたいなので。

自分で言うのもなんだけど、すげーよ。だってユニバーサル基板で組んだやつですぜ。

結構細かい工夫をしたけど、予想以上の性能が出てる。
connect24、クロックシビアみたいで他の機器結構スリップするみたいでうまくないんですよ。
高性能なADCはデジタル接続がシビアで困ります。まあADATでWordClock出せばシンクロするのですけど、48KHzまでなんだよねADAT。

さっそく中をあけて

IMG_2423

もう、ソケット付ける場所ないんで、信号線直出しで。
IMG_2426

ここにスイッチを追加しました。適当な大きさの基盤G17で直止めです。
IMG_2428
IMG_2430
IMG_2433制御の部分いろいろ悩んでます。マニュアルマニュアルと・・・。

pcm1804_01

つーことは、master clock が24.576MHzを使っているから、96KHzは256fsで、48KHzは512fsで、192KHzは128fsとなるわけだ。

簡単じゃねーか。

IMG_2438

もう、おおざっぱな施工すなぁ。まあ、宅録専用なんで手間かけておれんですよ。

さあ、テストだ!

動かねぇ・・・・。何故だ。

Comments are closed.