通信簿を作りましょう(AU-X11) そのに | 函の函

通信簿を作りましょう(AU-X11) そのに

まず、Aチャネルの1KHzでの歪率。真ん中の数値ね。0.005%ですね。

歪率計1

Aチャネルの400Hzでの歪率。0.004% てゆーかdBVゲインそろってねぇじゃん。18.1って上は17.0だったのに。

歪率計2

Bチャネルの1KHzでの歪率。0.003%

歪率計3

Bチャネルの400Hzでの歪率。0.006%

歪率計4

カタログ値が0.004%でしたのでABともに優秀です。安心しました。
ちなみにファイナル交換したのはAチャネルです。

歪率は なぁ。0.01%以下だと人間には判別できないんだよ。だから計測するのは無意味と言う人がいるけど、んなことはない。もしそのアンプがメーカー出荷状態 で計測した数値を大きく上回る場合、そのアンプは何らかの重大なトラブルを抱えている可能性が高いことの、アンプからのサインなのだよ。また、その基準をク リアするということは、そのアンプは健康である事の証明でもあるのだよ。もっともすべての健康状態を歪率が表しているわけではないですが、条件の一つであ ることは言えると思う。

つまり、クリアすると安心だ。と言うことだ。

Comments are closed.