【製作記】サンダーバード2号&救助メカ 第13号 | 機械好きな博士の情報館
DSC00483
013号

【製作記】サンダーバード2号&救助メカ 第13号

Posted On 4月 27, 2016 at 12:01 am by / No Comments

hoshinonet

工作室_2_bar

Audio
Visual
グルメ ゲーム 製作記 鉄道 ドローン モバイル ロボット

サンダーバード2号&救助メカ 第13号

DSC00483

DSC00480

製作物サンダーバード2号&救助メカ


号数13号/全80号 < あと67号で完成! >


発売日2016年4月26日(火曜日)


出版社株式会社デアゴスティーニ・ジャパン


パーツ一覧
1.
コンテナ・リアハッチ
1個
2.
コンテナ・リアハッチ内壁
1個
3.
リアハッチステー
1個
4.
リアハッチストッパー
1個
5.
ヒンジピン
2個
6.
ハッチスプリング
2個
7.
タイヤ
4個
8.
ホイール
2個
9.
シャフト
1個
10.
フロントシャシー上部
1個
11.
フロントシャシー下部
1個
12.
フロントマスク
1個
13.
ナンバープレート
1個
14.
補器類パーツ(左)
1個
15.
補器類パーツ(右)
1個
16.
エアインテイク(右)
1個
17.
エアインテイク(左)
1個
18.
伝達ケーブル
2個
19.
サスペンションダンパー
1個

製作記
DSC00485 ●コンテナ・リアハッチ内壁
●リアハッチステー
●ヒンジピン
を用意します。

DSC00488 コンテナ・リアハッチ内壁とリアアハッチステーをヒンジピンを通して組み合わせます。

DSC00490 ●製作中のコンテナ・リアハッチ内壁
●リアハッチストッパー
を用意します。

DSC00493 製作中のコンテナ・リアハッチ内壁にリアハッチストッパーを取り付けます。

DSC00494 ●製作中のコンテナ・リアハッチ内壁
●コンテナ・リアハッチ
を用意します。
製作中のコンテナ・リアハッチ内壁にコンテナ・リアハッチを接着剤で取り付けます。

DSC00495 ●製作中のコンテナ・リアハッチ
●ハッチスプリング
を用意します。

DSC00498 製作中のコンテナ・リアハッチにハッチスプリングを取り付けます。

DSC00500 ●タイヤ
●ホイール
●シャフト
を用意します。

DSC00503 ホイールをシャフトの両側にし、シャフトにタイヤを通して組み立てます。

DSC00506 ●フロントシャシー上部
●フロントマスク
を用意します。
フロントシャシー上部の正面にフロントマスクを接着剤で取り付けます。

DSC00508 ●フロントシャシー下部
●伝達ケーブル
を用意します。

DSC00510 フロントシャシー下部に伝達ケーブルを取り付けます。

DSC00512 ●製作中のタイヤ
●製作中のフロントシャシー上部
●製作中のフロントシャシー下部
を用意します。

DSC00515 製作中のフロントシャシー下部に製作中のタイヤを取り付け、製作中のフロントシャシー上部を接着剤で取り付けます。

DSC00518 ●製作中のフロントシャシー
●捕器類パーツ
●エアインテイク
を用意します。

DSC00521 製作中のフロントシャシーに捕器類パーツとエアインテイクを接着剤で取り付けます。

DSC00523 ●12号で製作したリアシャシー
●製作中のフロントシャシー
を用意します。

DSC00526 12号で製作したリアシャシーと製作中のフロントシャシーを組み合わせます。

DSC00529 次に伝達ケーブルを製作中のリアシャシーの上部に接着剤で取り付けます。

DSC00531 ●製作中のシャシー全体
●サスペンションダンパー
を用意します。

DSC00534 製作中のシャシー全体にサスペンションダンパーを接着剤で取り付けます。

DSC00536 ●製作中のシャシー全体
●ナンバープレート
を用意します。

DSC00538 製作中のシャシー全体にナンバープレートを接着剤で取り付けます。
今回の完成

第12号と13号の完成品です。
DSC00540


雑誌での製作方法と異なり、独自の方法で製作している部分があります。


前号
次号

初版  2016年4月27日


工作室_2_bar

このHP内の画像等を許可なくHPの掲載、複製、再配布等することは禁止致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>